渋谷実渋谷実
再生ボタン

『酔っぱらい天国』渋谷実

  • 渋谷実
  • 渋谷実
  • 渋谷実

『酔っぱらい天国』
渋谷実

1962年 / 松竹 / 白黒 / 93分


  • 監督 渋谷実
  • 製作 白井昌夫
  • 原案 渋谷実
  • 脚本 松山善三 渋谷実
  • 撮影 長岡博之
  • 音楽 黛敏郎
  • 美術 浜田辰雄
  • 録音 大村三郎
  • 編集 杉原よ志

出演

  • 笠智衆
  • 石浜朗
  • 倍賞千恵子
  • 津川雅彦
  • 有馬稲子
  • 山村聡
  • 滝沢修
  • 三井弘次
  • 佐藤慶
  • 伴淳三郎
  • 岩崎加根子
  • 佐野浅夫
  • 桜むつ子
  • 水科慶子
  • 芳村真理
  • 三谷幸子
  • 穂積隆信
  • 上田吉二郎
  • 山本多美
  • 佐々木孝丸

松山善三のオリジナル脚本を、渋谷実が監督したコメディタッチの社会風刺劇。高度経済成長期に働くサラリーマンの苦しみや、飲酒による暴行事件など時事問題にも言及しながら、波乱の時代を飲んで酔っ払って生きていく人々の、悲喜こもごもが描かれている。出演は笠智衆、『荒城の月』などの石濱朗、後に『男はつらいよ』シリーズで注目を集める倍賞千恵子など。


会計課長の渥美耕三(笠智衆)は息子の史郎(石濱朗)ともども酒が入ると性格が豹変する性格。いつものように飲み歩いていると、史郎が看護婦の桜井規子(倍賞千恵子)と結婚すると言い出した。さらにどうしても結婚したいがために規子が妊娠していると嘘をつく史郎。戸惑う耕三であったが、さらに驚く出来事が起こる。史郎が友人と飲んでいる時、同じバーにいた野球選手片岡(津川雅彦)と喧嘩になり、片岡のバットが史郎に当たり死んでしまったのだ。耕三は規子を引き取ろうとするも妊娠の嘘が発覚。絶望し毎夜泥酔の日々を送る。耕三は遂に「酩酊状態の犯罪は無罪になる」と片岡に復讐するべくナイフを購入するが、誤って他人の手を切ってしまう。耕三は警察に突き出され、殺人未遂で起訴される。