ニート・オブ・ザ・デッドニート・オブ・ザ・デッド
再生ボタン

『ニート・オブ・ザ・デッド』南木顕生

  • ニート・オブ・ザ・デッド
  • ニート・オブ・ザ・デッド
  • ニート・オブ・ザ・デッド

『ニート・オブ・ザ・デッド』
南木顕生

2015年 / ニート・オブ・ザ・デッド製作友の会 / カラー / 38分


  • 脚本・監督・プロデューサー 南木顕生
  • 監督補 小原直樹
  • 助監督 田中貴大
  • 製作 渡邊宙子 守上剣一
  • 撮影 吉田康弘
  • 音楽 mojin J.S.バッハ
  • 録音 小野翔悟
  • 編集 蛯原やすゆき

出演

  • 筒井真理子
  • 木下ほうか
  • 金子鈴幸
  • 吉田達
  • ホリケン。
  • 白河理子
  • 宮脇桃子
  • 白石晃士

脚本家として活躍し、2014年に急逝した南木顕生唯一の監督作。引きこもりの若者、冷めた夫婦関係、介護など日本の家族問題をゾンビ映画に絡めた短編であり、第10回大阪アジアン映画祭で上映されて注目を集めた。主演は『淵に立つ』『よこがお』で数々の賞を受賞した筒井真理子と、『空飛ぶタイヤ』『事故物件 恐い間取り』などの木下ほうか。


倉持家は寝たきりの祖父・建造(吉田達)を介護しながら暮らす3人家族。外の世界はゾンビがはびこっている。家には食料もあるし大丈夫、と慢心していた父・康彦(木下ほうか)であったが、建造と引きこもりの息子・伸也(金子鈴幸)がゾンビになってしまう。母・早苗(筒井真理子)は家で世話をしようと持ちかけるが、康彦は家族にゾンビが2体もいることに怯え、伸也を外に出すことを提案する。口論はやがて建造の世話や伸也の育て方、家族関係にまで発展し、ついに康彦は建造に襲われる。早苗もゾンビ化が進行し、伸也を連れて街を徘徊する。他のゾンビと同じように生きた人間に襲いかかる伸也を見て、早苗は息子が一人前になったとあたたかく微笑む。