CRITIQUE

スチャラカ社員

『スチャラカ社員』
オノマトペと方言が喜劇にもたらす効果
田村由美

『スチャラカ社員』は、テレビの草創記に人気を博したコメディ番組で、1961年から67年にかけてTBS系列で放送された。原作者、香川登志緒は、漫才や喜劇番組の作者としてテレビ出演も多く、大阪をはじめ関西地区では有名で、一般にもよく知られている。香川は喜劇役者や漫才師の育成にも尽力し、今や全国を席巻する大阪お笑いの礎を作った人と言っても過言ではない。
香川の原作を、前田陽一とテレビ版の演出を務めた澤田隆治、若井基成が脚色した映画版『スチャラカ社員』は、松竹製作で1966年に公開された。富司純子(旧藤純子)は、テレビ版が実質デビュー作である。


「スチャラカ」とは、関西ではオノマトぺと呼ばれる擬音語の一種と察するが、この映画が作られた当時、音楽とコメディを組み合わせて一世を風靡したコミックバンド「ハナ肇とクレイジーキャッツ」のメンバー、植木等が歌い大ヒットした「スーダラ節」のスーダラと同様に、高度経済成長只中、過酷な仕事をこなすサラリーマンをコミカルに歌いあげ、気楽に行こうよ、と慰め応援するための香川らしい発想の造語であった。社長役のミヤコ蝶々(南戸雄二とコンビ)の存在感は、大阪という笑いの都市の首長のようであるし、花菱アチャコ、横山エンタツと共に浪速漫才の始祖である中田ダイマル・ラケットなど、関西お笑い芸人たちの冴え渡る名人芸は、正に笑いの都市の住民たちとして鮮やかにローリングしている。
彼らの持ち味を引き出し、アドリブまで台本に入れるという香川の巧妙な原作を生かした脚色と、ぴったりと息が合った芸人たちを小気味良いテンポで演出した前田監督の技が結実した作品であると言えよう。


岡山県が産んだ喜劇役者、長門勇が、チャップリンを真似たようなチョビ髭姿で岡山弁を話す芝居の面白さは、東北のズーズー弁を話し、人気を博した東の伴淳三郎と並んで、方言が喜劇にもたらす効果が、思いのほか大きなものであることを証明した。
大阪弁のリズミカルなオノマトペは、「パーっと行ってドーンと当たったれ、グシャグシャ言わんとガーっと言うてこい」など、関西喜劇をスピード感あふれた面白いものにする力がある。


長門は、同じく香川脚本で藤田まこと主演の人気テレビ番組『てなもんや三度笠』に出演している。
観客を入れての生放送、しかも時代劇というこの番組の大阪での最高視聴率は65%にも達した。
役者の個性のぶつかり合いと、アドリブ的な「出たとこ勝負」の構成は、関西の喜劇が持つアヴァンギャルド性ともいうべき、破壊的な面白さの原点であるが、『スチャラカ社員』も同様に、香川の巧みさが存分に生かされている。

スチャラカ社員

関西で大きな人気を得た喜劇役者といえば、松竹新喜劇の藤山寛美がいる。私が住む京都では、祇園にある南座が松竹新喜劇の舞台であったが、母や祖母は寛美が来るというと熱狂し、1年も前からチケットの予約をして、舞台が始まるのを心待ちにしたという。チケット発売開始すぐに売り切れとなるその人気は凄まじいほどで、特に「アホ」役は寛美の十八番として多くの人々に親しまれた。
寛美の柔らかな笑いに比べると、『スチャラカ社員』のリズム感は、三味線とギター、和服で浪曲を歌う異色の三人組宮川左近ショーの演奏シーンによって、終盤の大きな見せ場を描き出すことになる。
演奏をバックに、大量のスパゲティを奪い合うシーンが長く続くのだが、そこには、パイ投げのロスコー・アーバックルとチャップリン、ロスコーの弟子であるバスター・キートンの作品を思い出さずにはいられない。古来日本の芸能と西洋スラップスティックギャグがミックスされた、なんともおかしくて不思議な場面になっている。


とかく関西人は「お笑いが好き」と言われる。笑いにはシニカルな批判精神が込められてこそ、その構造に深みが増し、感情の膨らみを増大させる。香川は東京嫌いであったのだが、西日本がクーデターを起こして関西弁が標準語になるとか、ビートルズも原子力潜水艦も大阪には来なかった、というその時代ならではの皮肉を言わせて、笑いにシニカルな含みを持たせている。
初期のコンピューターを駆使する会社と、黒電話だけのアナログ会社の対立という、時代の過渡期の描写と現在に通じる格差の構図も、映画の骨組みを支える要素とした。


デビュー間もない若い藤岡弘の姿を見るのも面白い。マドンナ役、新藤恵美と、京都の祇園祭山鉾巡行を舞台に、恋模様を展開するという見所も用意されている。
他に当時の人気芸人たち、かしまし娘、夢路いとし、喜味こいし、ルーキー新一、茶川一郎、佐々十郎、淡路恵子の最初の夫であったフィリピンの俳優ビンボー・ダナオなどの出演に加えて、1960年代の大阪の懐かしい風景(雑踏、オフィス街、木造の軒先に赤いコカ・コーラの自動販売機・赤電話など)や、女性たちが水中でダンスする珍しい水中ショー、甲子園球場での野球観戦、人気絶頂の演歌歌手、都はるみの歌謡ショーなど、『スチャラカ社員』は関西の娯楽をたっぷり楽しめる盛り沢山の内容となっている。


「スチャダラパー」というヒップホップグループがいるが、「スチャラカ」で「スーダラ」なラッパー、という意味だそうである。昔の喜劇の作者や作詞家が作った変な造語を、現代の音楽家が受け継いでいるというのは、お笑い好きにとっては嬉しいことだろうと思う。


映画『スチャラカ社員』は、1960年代大阪の商売繁盛ど根性、ケッタイでおもろい、日本喜劇のお宝作品であることは間違いない。

田村由美(たむら ゆみ)

京都市出身。イラストレーター、ライターとして、新聞・情報誌・週刊誌・企業広報誌で執筆活動の後、シナリオを学び映画業界に入る。「溝口健二著作集」編集補佐、「映画『無伴奏』フォトブック」、「南木顕生遺稿集」、「異端の天才金綺泳」パンフレットなど、、映画関連書の編集を行う。映画『嵐電』プロデューサー。小説を書き、コラージュ・アッサンブラージュを製作、個展も開催。